開業資金

事業を始めるためには、開業資金が必要です。
自分で一から始めようと思うと、店舗の家賃、設備投資費、宣伝資金など、様々な費用が必要となります。事業によっては、数千万円の資金が必要で、借金まれになることも少なくありません。
ですが、フランチャイズには、少ない自己資金で事業を始められる秘訣がたくさんあります。

フランチャイズの加盟者になると、フランチャイザーから、経営に関する様々なノウハウをもらうことができます。
初心者が事業を始めると、知らない所で大きな無駄を出してしまうかもしれません。ですが、実績豊富なフランチャイザーの協力を得ることによって、少しでも安く事業を始めるための工夫を伝授してもらうことができます。
居酒屋などの場合、50万~150万円程度の自己資金で始められる場合もたくさんあります。
そのため、脱サラして、サラリーマン時代の貯金や退職金でフランチャイズオーナーになる人が、たくさんいます。

また、フランチャイザーによっては、開業支援金を支給してくれるところもあります。
フランチャイズビジネスのポータルサイトでは、自己資金の額や開業支援金の有無などで、フランチャイザーを検索することができます。
さらに、居抜き物件を効果的に使うことによって、開業資金を抑えられる場合もあります。
借金して開業資金をかき集めたりする必要なく、身の丈に合う開業方法が、きっと見つかることでしょう。

archive

category

  • カテゴリーなし

calendar

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930