オーナーになる

いつか、自分がオーナーとなって店を持つことを夢見ている人は、たくさんいます。
ですが、自分一人の力で事業を始めるためには、様々な困難が伴います。
まず、資金が必要です。店舗や機材などを整えるための費用、材料や商品を仕入れるための費用、人を雇い入れるための人件費など、莫大なお金がかかるのです。
そして、店を開くとなると、事業内容を決める必要があります。自分自身が調理師や美容師などの資格を持っていればまだしも、特別なスキルや資格がない状態では、何の事業をすれば良いのかも見えづらいものです。
さらに、経営に関するノウハウも欠かせません。経営に関する知識、仕入先や提携業者とのつながりなどの人脈も必要です。

これらの全てをクリアするのは、とても困難です。
ですが、フランチャイズという方法を取ることによって、これらのハードルが格段に低くなります。
フランチャイズとは、英語で「販売権を与えること」を意味しています。つまり、ある企業から権利の一部を貰う形で、事業を始めることができるのです。
日本でも、たくさんの企業がフランチャイズビジネスを行っています。
居酒屋やファミレスを始めとする飲食店、コンビニ、クリーニング、塾など、フランチャイズを採用している業界は多岐にわたります。

中でも、居酒屋は、日本全国どこでも始めやすい事業の1つです。
仕事帰りのサラリーマンはもちろん、家族連れなどにも、居酒屋の利用者層はどんどん広がっています。
フランチャイズというシステムによって、初心者でも、全国チェーンの居酒屋のオーナーになるという夢を実現することができるのです。

OUT LINK

archive

category

  • カテゴリーなし

calendar

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930